目のクマが取れない

MENU

目のクマが取れない

目のクマが取れない

 

目のクマが取れない・・・

 

目の下にクマができると辛いですよね。私も気づいたらクマができていて、ホント困りました。

 

しかも、ほっておいてもなかなか取れないんですよね。

 

睡眠不足なのかなと思ってしっかり睡眠時間をとっても改善されませんでした。

 

メイクでカバーしようにも上手くいかず、化粧で何とかごまかしても逆に化粧が厚くなり、ちょっと涙流しただけで跡がくっきり出ちゃうし化粧直しも大変。

 

クマがなければ化粧に時間をとられる事もないし、クマがなければスッピンにもっと自信がでるのになぁと鏡を見ると思います。

 

テレビで見る芸能人の顔はきれいで、クマなんてありません。それを見ると、クマがある自分がイヤになります。

 

鏡があるとクマが見えてイヤになりますが、普段の生活の中で鏡を見るのは、化粧の時とトイレ、お風呂だけです。それ以外の時はクマを忘れているため、大げさかもしれませんが、鏡でクマを見つけた時の悲壮感は半端ないです。

 

目のクマが取れなくて悩んでいても仕方がないので、私なりにあれこれ調べてみる事にしました。

 

その結果、無事にクマも消す事が出来、その上クマもできにくくなりました!

 

そんな私の体験ですが、目のクマが取れないと悩んでいるあなたも是非参考にしてみて下さい。

 

クマは実は3種類ある

 

クマは実は3種類ある

 

クマとひとえに言っても、症状や原因により大きく3種類に分けられます。

 

血行不良による青クマ、シワの影になって黒ずんでいる黒クマ、色素沈着を起こしている茶クマです。それぞれ色でクマは見分けがつくのですが、もしクマの色がはっきりしなければ、以下の方法を試してみて下さい。

 

クマができている部分を優しくひっぱります。

 

青クマは血行不良なので、皮膚をひっぱってもクマが移動せずに皮膚だけ移動します。

 

黒クマの場合は、影なので皮膚をひっぱってあげると影がなくなり、薄くなります。

 

茶クマの場合は皮膚が色素沈着を起こしているため、引っ張ると皮膚ごと移動します。

 

何色のクマか分かったら、次は原因を見ていきましょう。

 

クマ別の原因

 

クマ別の原因の原因について詳しく見てみましょう。

 

青クマ

 

青クマの原因は、主に血行不良です。

 

青クマは睡眠不足や目の疲れで血液の流れが滞ってできます。年齢に関係なくできて、青クマができると人によっては体に負担がかかっているので肩こりなど体の不調を感じる事があります。

 

青く見えるのは、滞った赤黒い血液が肌を透けて青く見えているのです。

 

黒クマ

 

黒クマはシワの影になっているクマなので、主に加齢が原因です。しかし歳をとれば誰もができるというわけではなく、長年の目の乾燥などの刺激でシワができてしまいます。

 

さらに血行不良が続くと代謝が悪くなり、肌が乾燥しやすくもなります。そしてクマが深刻化していきます。

 

茶クマ

 

茶クマの場合も刺激です。メイクを落とす時に目元を必要以上に擦ってしまったり、メイクの落とし忘れが居座り続けて肌を刺激し、色素沈着を起こしてしまっているのが考えられます。

 

色の違いでクマのでき方は違いますが、どのクマも原因は似ています。

 

ただし、青クマは血行不良なので体を休ませれば治る可能性もありますが、茶クマや黒クマはクマがそこに居座り続けている状態なので、なかなか治りません。放っておいて治るものではありません。

 

また、青クマや黒クマに共通して言えることは目の下の皮膚痩せです。

 

元々目の下の皮膚は体の中で最も薄いのですが、目の下のコラーゲンや栄養分が失われてしまうとクマができやすくなります。

 

皮膚が痩せてしまえば、より目の下の血管が透けて見えますし、皮膚もたるみ影ができやすくなり黒クマの原因にもなります。

 

クマを薄くする方法

クマを薄くする方法

 

クマを薄くする方法についてクマ別に解説していきます。

 

青クマクマを薄くするには?

 

青クマを薄くするには、血行不良を改善させる事です。

 

青クマに効果的なのは蒸しタオルです。暖かいタオルを目元に置くと血行が良くなって青クマは薄くなりやすくなります。
ただし、、それで青クマがすぐになくなるというわけでもありません。

 

血行が一時的に良くなれば青クマも一時的に良くなるかもしれませんが、寝不足や疲れが溜まるとなかなか改善はしていきません。

 

普段から適度に運動などをして血行を良くしておくことが大事です。

 

それでも薄くならないのであれば、やはり皮膚痩せが大きく関係してると考えられます。

 

黒クマを薄くするには?

 

黒クマの場合は、しわが原因なので痩せてしまった肌にアイクリームなどでハリを取り戻してあげる事で目立たなくさせる事ができます。

 

アイクリームと言っても沢山ありすぎて、どれがいいのか悩んでしまいますよね。
良い物を使ったから確実に治るわけではなく、原因に合っているものを選ぶ必要があります。

 

皮膚させを改善し、皮膚にハリを持たせてくれるアイクリームは「アイキララ」です。
アイキララはコラーゲンの生成をサポートしてくれますので、他のアイクリームでは得られない効果が期待できます。

 

茶クマを薄くするには?

 

茶クマの場合は色素沈着なので、シミと同じです。

 

美白効果がある化粧品を利用して色素沈着を薄くしていきます。

 

シミ対策におすすめなのはハイドロキノンですが、効果が高いがゆえに刺激も強いため、目下に使うのならば低濃度のハイドロキノンを利用するようにしましょう。ハイドロキノンは色素沈着を薄くするという効果の他にも、もう色素沈着をさせないように防ぐ効果もあります。

 

クマを今すぐ隠したい時はどうする?

クマを今すぐ隠したい時はどうする?

 

クマを今すぐ隠したいっていう時ありますよね?

 

「同窓会があるから、その日だけはクマを隠したい‥。」

 

「久しぶりにデートだから、クマを隠して可愛くなりたい。」

 

女性ならば、この日だけは譲れないという日がありますよね。そういう時にクマがあると、楽しんで過ごせない…というならば、その日だけクマを隠す方法もあります。

 

クマはあまり刺激しない方がいいのですが、たまにはおしゃれしたい!となったらコンシーラーでクマを隠しましょう。

 

青クマにぴったりのコンシーラーは、オレンジです。

 

青の反対色を利用する事できれいに隠れます。

 

茶クマの場合は黄色、黒クマはベージュです。

 

パウダーファンデーションを利用する時は、コンシーラーを先に塗ります。リキッドファンデーションは後でコンシーラーを塗ります。両方とも、最後にフェイスパウダーで仕上げます。